JR御徒町駅3分 JR上野駅8分

〒113-0034
東京都文京区湯島3-39-3上野不二ビル6F

tel:03-5817-441503-5817-4415

営業時間
午後 14:30~17:00 ※1 - 午後12:00~15:00 -
夜間 18:00~22:00 - 夜間16:00~20:00 -

※1 火曜日の14:30- 17:00は電話のみの対応となります

ブログ

ブログ

LGBTの方へ

こんにちは、PHC(パーソナルヘルスクリニック)性感染症対策室です。 当院は、LGBTの方の性の悩みに幅広く対応できるクリニックを目指していますので、そのご紹介をさせていただきます。

 

当院院長は現在も国立国際医療研究センター、エイズ治療・研究開発センターにて非常勤医師としてHIV患者の診療をされております。また、HIV予防のPEPPrEPHPV関連の臨床研究もされています。

 

当院の性病検査では、HIV、梅毒、B型肝炎など血液検査で分かるものから、淋菌、クラミジア、マイコプラズマ、ウレアプラズマ、性器ヘルペス、HPV(尖圭コンジローマや癌の原因ウィルス)など、性器やのど、肛門も含めて検査をいたしております。

 

>性病検査料金表へ

 


 

HIV予防薬(PEPPrEP

当院では、HIV予防の内服薬を取り扱っております。

 

PEPとは(post exposure prophylaxis)曝露後予防の略で、HIVに感染するリスク行為(コンドームをつけない性交渉や、アナルセックスなど)があった後、内服によりHIVの感染を防ぐ予防方法を言います。PEP(曝露後予防内服)の場合は抗HIV薬を28日間使用します。28日間飲み忘れなく飲んだ場合は99%の予防率があると言われています。

 

PrEP(Pre-exposure Prophylaxis) 曝露前予防内服とはHIVには感染していないが、感染リスクが高く、毎日一日一錠の抗HIV薬をのみ続けることでHIVの感染を予防する内服方法です。 飲み忘れなどなければ、90%以上の予防効果があるとされています。 PrEPの場合は抗HIV薬を毎日1錠1回を使用いたします。

 

その他にOn demand PrEPと言い、ハイリスクな性行為を行う前に抗HIV薬を2錠、行なった翌日(24時間後)に1錠、そのさらに24時間後に後にも1錠内服し終了、という処方の仕方もできます。ご相談がある方は気軽にLINEメール、クリニック代表へのメール(info@ph-clinic.org)か、直接医師にご相談いただければと思います。

 

>詳しくはこちら

 


 

ヒトパピローマウイルス(HPV)予防薬

当院では、HPVに関連した尖圭コンジローマ、肛門がん、子宮頸がん・膣がん、外陰部がん、中咽頭がんの予防を目的として、HPVワクチンを取り扱っております。

>詳しくはこちら

 

当院ではできるだけ多くの方達がこのワクチンを受けられるよう、予約なしでもワクチンを摂取していただける環境を作っております。スタッフ一同、皆さまのご来院をお待ちいたしております。

 

ワクチン入荷経路

当クリニックでは、公的機関や各大学病院などに輸入ワクチンを提供している株式会社インターナショナルメディカルマネージメントから入荷しております。

 


 

ホルモン療法

FTM、MTFの方達はホルモン療法が必要だと考えますが、当院ではホルモン療法・性病検査、HIV予防などをトータル的にサポートできるクリニックを目指しております。現在、ホルモン療法の導入にかけて手続きを行っているので、もうしばらくお待ち下さい。開始しだいお知らせいたします。

Click here for an appointment FIND YOUR DOCTOR
Click here for an appointment FIND YOUR DOCTOR