JR御徒町駅3分 JR上野駅8分

〒113-0034
東京都文京区湯島3-39-3上野不二ビル6F

tel:03-5817-441503-5817-4415

営業時間
午後 14:30~18:00 - 午後12:00~14:50 -
夜間 18:00~20:30 - 夜間16:00~20:00 -

※ 水・日・祝日は定休日となります。

※「◎印」:女性医師による診察です

ブログ

ブログ

AGAのメカニズムと治療法【処方薬の効果と費用を比較】

公開日|2021.04.16 更新日|2021.10.09

✔  家系に薄毛の人がいる

✔  朝起きた時、枕の抜け毛が気になる

✔  生え際や頭頂部あたりが薄くなってきた

これらに思い当たることはありませんか?

AGAを発症した場合、自然に薄毛の進行を食い止めることはできないため、早い段階から治療を始めることが推奨されています。

上野・御徒町周辺でAGAの病院をお探しの方は、ぜひ当クリニックをご利用ください。遠方の方はオンライン診療も可能です。

 

 

 

1.AGAとは

AGAはAndrogenetic Alopeciaの略称で、男性型脱毛症の意味です。薄毛の症状に悩む男性のほとんどがAGAであるといわれています。

AGAは男性ホルモンに起因して発症する進行性の疾患です。パターンはいくつかありますが、主に額の生え際や頭頂部のつむじ周辺から抜け毛が起こり、時間をかけて少しずつ薄毛が進行していく特徴があります。

AGAを発症した場合は、何らかの治療を施さない限り薄毛の進行を食い止めることはできないため、早い段階から治療を始めることが推奨されています。

 

ヘアサイクルとAGAのしくみ

通常のヘアサイクル(毛周期)は、大きく「成長期」「退行期」「休止期」の3つの段階に分けらます。髪の毛が最も活発に育まれる「成長期」は、さらに「早期」「中期」「後期」の3段階に分かれ、それぞれの過程で髪の毛の成長が行われています。通常のヘアサイクルでは約1,000〜2,000日かけて1周しますが、AGAの発症によってヘアサイクルが乱れると、ヘアサイクルの成長期が最短で100日程度へと極端に短縮されてしまいます。

AGAは悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」が頭皮にある男性ホルモン受容体の「AR(アンドロゲンレセプター)」と結合することによって発症します。DHAとARが結合すると、前頭部や頭頂部などの毛母細胞の分裂を抑制し、ヘアサイクルにおける成長期を短縮させてしまう働きを持ちます。ヘアサイクルの成長期が短縮されることで、髪の毛は十分に育たないまま退行期を迎えることとなります。

 

 

 

2.AGAの治療方法

AGAの治療にはこのDHTを抑える必要があります。DHTは、男性ホルモン(テストステロン)が5αリダクターゼという酵素によって変化することで生じますので、この5αリダクターゼを阻害することができる「フィナステリド」と「デュタステリド」を使用します。

5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、AGAには主にⅡ型が関係しているといわれています。フィナステリドにはⅡ型5αリダクターゼを阻害する働きがある一方、デュタステリドにはⅡ型に加えⅠ型も阻害する作用があります。さらに、デュタステリドのⅡ型5αリダクターゼに対する薬理作用はフィナステリドの3倍といわれており、ある研究ではフィナステリドと比べ1.6倍の増毛効果があったとの報告もあります。

 

(1)フィナステリドについて

 

【費用】フィナステリド(プロペシアジェネリック)1mg

28錠(約1ヶ月分):4,000円(税込)

140錠(約5ヶ月分):16,000円(税込)

 

フィナステリドの効果

AGAを発症すると、Ⅱ型5αリダクターゼによって男性ホルモン(テストステロン)がDHTに変換され、ヘアサイクルの成長期が極端に短縮されることで髪の毛が成長する前に抜け落ちてしまい、薄毛が進行すると考えられています。

フィナステリドにはこのⅡ型5αリダクターゼを阻害する働きがあり、テストステロンがDHTに変化するのを防ぎます。DHTによって短縮されたヘアサイクルを正常な状態に戻し、髪の毛が太く長く成長できるようになります。

 

フィナステリドの初期脱毛

初期脱毛とは、フィナステリドによるAGA治療を開始して1~3カ月ほどの期間、一時的に抜け毛が増えて薄毛が悪化したように見える症状を指します。

しかしこれは、乱れたヘアサイクルを治療によって正常化する過程で起こるものですので、心配することはありません

フィナステリドによってヘアサイクルが整う初期段階では、すでに生えている不健康な髪の毛は抜け落ちて、健康な髪の毛が生えるための準備が始まります。初期脱毛の現れ方には個人差がありますが、一般的には抜け毛が増え始めてから1~3か月で落ち着くとされています。「ずっと抜け毛が続いて薄毛が悪化するのでは?」と心配される方も多いのですが、休止期を過ぎればヘアサイクルが整って、抜けた部位からは髪の毛が生えてくるようになりますのでご安心ください。

 

フィナステリドの副作用

フィナステリドの副作用には、性欲減退や勃起機能障害(ED)などの男性機能低下、肝機能障害などが挙げられます。しかしEDなどの副作用に関しては、臨床試験においてプラセボ※患者とほぼ同様の発生率となっており、危険性は低いといわれています。ただし、副作用が現れる可能性はゼロではありません。服用後に異常を感じた場合は、医師にご相談ください。

※プラセボ:有効成分の入っていない偽薬。心理的作用を排除するために臨床試験で合わせて使われ、比較対象となります。

 

フィナステリド服用の注意点

フィナステリドを服用する際は、用法用量を守って服用してください。もし服用を忘れてしまったとしても、2回分を同時に服用することは薬剤の濃度が上がってしまうため避けましょう。

フィナステリドは原則、女性への投与は認められていません。妊娠されている方や授乳期の方は、胎児やお子様の健康への影響も考えられますので絶対に服用しないでください。またフィナステリドは皮膚からも吸収されるため、女性の方は直接触れることがないよう注意しましょう。

 

 

(2)デュタステリドについて

 

【費用】デュタステリド(ザガーロジェネリック)0.5mg

30錠(約1ヶ月分):6,000円(税込)

150錠(約5ヶ月分):27,000円(税込)

 

デュタステリドの効果

AGAを発症すると、Ⅱ型5αリダクターゼによって男性ホルモン(テストステロン)がDHTに変換され、ヘアサイクルの成長期が極端に短縮されることで髪の毛が成長する前に抜け落ちてしまい、薄毛が進行すると考えられています。

フィナステリドはⅡ型5αリダクターゼを阻害する働きがある一方、デュタステリドはⅡ型に加えⅠ型も阻害する作用があります。さらにⅡ型5αリダクターゼに対するデュタステリドの薬理作用、増毛効果はフィナステリドの3倍といわれています。

 

デュタステリドの初期脱毛

治療を始めたばかりの時期に抜け毛が増えるというケースもありますが、これは「初期脱毛」と呼ばれる症状ですので心配する必要はありません。休止期の髪が抜け落ちて、新しく健康な髪が発毛するための準備期間にあたり、ヘアサイクルを正常化するための過程のひとつです。大切なのは、この時点で「体質に合わない」と自己判断せず、服用を継続することです。

 

デュタステリドの副作用

副作用の多くは性機能障害ですが、その他に発現率1%未満の割合で、蕁麻疹やアレルギー反応、頭痛、抑うつ気分、乳房障害、腹部不快感などが発生したという報告もあります。また、重篤な副作用として、肝機能障害や黄疸などが引き起こされたというケースもあります。

これらの発現頻度は不明で、非常に稀なケースですが、重篤な副作用についてはASTやALT、ビリルビンの上昇を伴うことから、血液検査によってチェックすることができます。きちんと医療機関で処方を受ければ、万が一副作用が発生した場合もすぐに相談し対処することができます。なので、個人輸入などは利用せず、専門の医師の処方の上で使用することが推奨されます

 

デュタステリド服用の注意点

デュタステリドを服用する際は、用法用量を守って服用してください。もし服用を忘れてしまったとしても、2回分を同時に服用することは薬剤の濃度が上がってしまうため避けましょう。

デュタステリドは原則、女性への投与は認められていません。妊娠されている方や授乳期の方は、胎児やお子様の健康への影響も考えられますので絶対に服用しないでください。またデュタステリドは皮膚からも吸収されるため、女性の方は直接触れることがないよう注意しましょう。

 

 

(3)ミノキシジル外用薬について

 

【費用】ミノキシジルローション5% 60ml

【只今、提供準備中です】

 1本:5,300円(税込)

 

ミノキシジルの効果

ミノキシジルとは、男性型脱毛症(AGA)を改善させる効果が認められた発毛&育毛効果を持つ成分です。フィナステリドやデュタステリドは抜け毛防止効果のみのため、発毛や育毛を希望の場合はミノキシジルの使用が効果的です。

発毛効果として、ミノキシジルには発毛に関わる毛母細胞を活性化させる働きがあり、刺激された毛母細胞が細胞分裂することで発毛に繋がります。ミノキシジルは毛母細胞に直接作用し、AGAで短くなった成長期を正常化(2年~6年)させます。

育毛効果としては、ミノキシジルが持つ血管拡張効果により血行が促進され、頭皮に栄養が十分に届くことで健康な毛髪の成長に繋がります。血管拡張で同様の効果を持つ成分もありますが、ミノキシジルは成長因子を生み出して毛母細胞を活性化させるという点で、他の成分と決定的な違いがあります。

 

ミノキシジルの用法

ミノキシジルの外用薬は男女共に使用が可能です。外用薬は成分量の違いがあっても、1回1mlを1日2回、髪の毛の薄い部分に塗布し、マッサージのように揉みこむように用います。主に朝晩2回、洗髪後の場合はドライヤーなどで頭皮を乾した状態で使用するようにしてください。

 

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用は重篤な例はほとんど報告されておらず、多い順から、使用した部位のかゆみ、使用した部位の発疹、頭部のフケ、接触性皮膚炎、皮膚の紅潮などがあります。

 

ミノキシジルの初期脱毛

ミノキシジルも同じく初期脱毛が起こります。この脱毛で不安を抱き治療薬の服用を止める人もいますが、力強い毛髪に生え変わるため必要な過程なので服用を止めてはいけません。ヘアサイクルが正常になるまで、最低でも3~6か月はミノキシジルを継続させる必要があるとされています。

 

ミノキシジル使用を禁止されている方

ミノキシジルは男女共に使用できますが、女性の場合、妊娠による脱毛や抗がん剤治療、頭皮に傷が生じるような皮膚疾患による脱毛には効果がありません。その他、未成年者や妊娠・授乳中の方は使用してはいけません。

 

ミノキシジル「内服薬」の危険性

現在、国内にて厚労省の認可を得て発売されているミノキシジル配合の薬品は、リアップに代表される塗布するタイプの「外用薬」だけとなっています。これらは、第一類医薬品に該当され薬剤師のいる薬局にて購入することが可能です。

ミノキシジル「内服薬」の危険性を知る上で第一に知っておくべきことは、日本やアメリカだけではなく世界的に見ても、AGA治療薬としてミノキシジル経口薬(ミノキシジルタブレット)を承認している国は一つもないというところです。

その理由は、AGA治療目的で服用するには副作用も多く、リスクが大きすぎると考えられているためです。そのため、アメリカのFDAは内服薬をAGA治療には使用しないように警告をしているほどです。インターネットでは輸入代行業者によって簡単に手に入りますが、危険性に関しては留意する必要があります。

 

 

3.AGAの治療費用まとめ

※初回処方時のみ医師の診察が必要です。

 

フィナステリド(プロペシアジェネリック)1mg

♦  28錠(約1ヶ月分):4,000円(税込)

♦ 140錠(約5ヶ月分):16,000円(税込)

 

 

デュタステリド(ザガーロジェネリック)0.5mg

♦  30錠(約1ヶ月分):6,000円(税込)

♦ 150錠(約5ヶ月分):27,000円(税込)

 

ミノキシジルローション5% 60ml

【只今、提供準備中です】

 ♦   1本:5,300円(税込)

 

こちらもどうぞ♪

▶ED薬について

▶HIV予防内服 PrEP(プレップ)について

A型肝炎についてB型肝炎について

▶HPVワクチンについて

 

 

4.ご予約・お問合せ

来院前に不安なことがある場合は、LINEのチャットでお気軽にご相談ください。

※治療内容の説明、性病の診断など、専門的なご説明はできません。(来院、又はオンライン診療をご利用ください)

※お返事にお時間を頂く場合があります。

来院予約もLINEのメニューバーからオンラインで可能です。

 

メールで相談 ➡問合せフォームへ

電話で相談 ➡03-5817-4415

 

文京区湯島3-39-3-6F パーソナルヘルスクリニック

最寄駅:上野駅、御徒町駅、上野広小路駅、湯島駅

路線:山手線、京浜東北線、千代田線、銀座線、日比谷線、大江戸線

Click here for an appointment FIND YOUR DOCTOR