ホーム >    blog一覧 > blog
blog
投稿日:2022.10.10 カテゴリー: 性病(症状・治療)

はじめてのHIV予防薬(PrEP/プレップ)は当院がおすすめ!4つの利点とは?

HIV感染をSEX前から予防する方法があります。それが【PrEP/プレップ】です。
低容量ピルのイメージで、1日1回1錠お薬を飲むことで、HIVをほぼ100%予防できます。

挿絵

HIV予防薬の内服を推奨する方は?

HIVに感染するリスクの高い人が対象になります。
具体的には、例えば下記に該当する方です。

……HIV予防薬の内服を推奨する方……

・HIV陽性の方と性行為をする方、またはその可能性のある方
・肛門性交がある方
・コンドームをしないことがある方
・コンドームをしてもらえないことがある方

実際にご自身がお薬を飲む必要があるのか分からずに悩まれている方も多いと思いますので、まずはご相談にお越しいただければと思います。

▶HIV予防薬(PrEP/プレップ)の詳細

東京都文京区湯島
(JR山手・京浜東北線 御徒町)

性感染症専門 パーソナルヘルスクリニック

▶オンライン診療でお薬を入手・検査する方法
挿絵

プレップ開始は当院がおすすめ!その4つの理由

HIV予防薬(PrEP/プレップ)の飲み方には留意点があり、間違った飲み方をすることであなたの健康を害することがあります。

自己輸入等でもHIV予防薬を入手する方法がありますが、特にはじめてプレップを開始する場合には、適切な飲み方や検査を受けられる当院で開始して欲しいです。
具体的に4つの理由をご紹介します。

1.HIV・性感染症の専門医師が処方します

挿絵

医師は国立国際医療研究センターのエイズ治療・研究開発センター勤務ですので、正しい専門知識と診療経験があります。
よく「私はプレップを飲んだ方がいいでしょうか・・・?」と診察室でご相談をいただくことがあります。まずはご相談にお越しいただければと思います。不必要に推奨することはありません。

2.安心な薬を安価で提供しています

挿絵

当院でお出しする薬は、副作用がほぼないお薬です(新薬デシコビジェネリック薬)。
※ツルバダジェネリック薬も選択可能です。

毎日服用するお薬ですから、安全で安心なものを服用していただきたいです。

3.性病検査もセットです

HIV予防薬を飲み始める前に、各種検査が必要です。
そのため、当院ではHIV予防薬とあわせて▶必要な検査をすべて込み(無料)でご提供しています。

◆HIV検査(即日)
内服開始前に、HIVに感染していないことを確認します。HIVに感染している状態でプレップを始めると、いざHIVの治療しようとしてもHIV治療薬が効かなくなってしまう場合があるためです。

◆B型肝炎検査(即日)
内服開始前に、B型肝炎に感染していないことを確認します。すでにB型肝炎を持っている方が感染に気付かずにプレップを始めると、プレップを中止する際にB型肝炎が悪化してしまう場合があるためです(これは、プレップの薬がB型肝炎の治療にも効果があるためです)。

◆梅毒検査
梅毒等に感染しているとHIVに感染しやすくなるデータが出ています。
粘膜が弱くなっているところからHIVウイルスが入りやすくなり、HIVの感染確率が高くなるためです。
そのため当院では、PrEPを処方する方には、梅毒検査を無料で提供し、よりHIV感染リスクを下げる工夫をしています。

◆腎機能検査
一般的にも、薬を飲み続けることで、腎臓に負担がかかることがあります。
新薬デシコビ(デシコビジェネリック)は、腎臓への負担はほとんどないと言われています。また当院では、この薬が承認された当初から処方しており、これまで腎機能障害を起こした方は一人もおりません。
念のため、当院では毎回腎機能検査を実施し、問題がないか確認しております。その他腎臓に負担のかかる薬を内服していないか等も確認しています。

◆その他、特別価格でご提供している検査
梅毒のほか、淋病やクラミジアに感染しているとHIVに感染しやすくなります。
そのため当院では、プレップ処方の患者さんには、淋菌・クラミジア検査を特別価格で提供しております。よりHIV感染リスクを下げていただきたいという思いからです。
▶淋菌・クラミジア検査を特別価格でご提供しています。

患者さんより、「毎月のプレップ開始のタイミングで定期的に性病検査ができるのが嬉しい」とのお声をいただいております。
加えて女性の患者さんには、「おりもの検査もセットでできると、さらに嬉しい」とのご要望をいただきました。
当院では、プレップメニューをご利用の患者さまに、
▶おりもの検査(クラミジア・カンジダ・細菌性膣炎)を特別価格で提供しています。

3.すぐ薬が手に入る

挿絵
診療・検査後、その場で薬をお渡ししますので、受診したその日から【PrEP/プレップ(HIV予防)】を開始していただけます。
薬局等に行く必要もありません。

来院不要のオンライン診療(通話)の場合、当日発送・翌日受取も可能です。検査キットとお薬を郵送で処方いたします。
※決済・配送状況によって遅延する場合があります。

さいごに

挿絵
HIVの感染リスクを考えると、日々の生活がとても心配になりますね。

当院では、HIVやPrEP・PEP療法の研究をはじめとした性感染症に精通している医師と経験豊富な女性スタッフが、みなさまの心に寄り添った医療のご提供を心がけております。まずはお気軽にご相談ください。

1日でも早く、HIV感染の不安から解放されることを願っています。

東京都文京区湯島
(JR山手・京浜東北線 御徒町)

性感染症専門 パーソナルヘルスクリニック

挿絵

国立国際医療研究センターのエイズ治療・研究開発センター(ACC)にて、HIV(エイズ)・性感染症の診療や研究活動に従事。HIVやPrEPをはじめ、性感染症・性病検査に関する科学的根拠に基づいた正しい知識と、患者様の心に寄り添った医療を提供します。

【参考文献】
▶ 国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センター SH外来

▶ 米国CDC(Centers for Disease Control and Prevention)