JR御徒町駅3分 JR上野駅8分

〒113-0034
東京都文京区湯島3-39-3上野不二ビル6F

tel:03-5817-441503-5817-4415

営業時間
午後 14:30~17:00 ※1 - 午後12:00~15:00 -
夜間 18:00~22:00 - 夜間16:00~20:00 -

※1 火曜日の14:30- 17:00は電話のみの対応となります

ブログ

ブログ

HPV(ヒトパピローマウイルス)とは

1. HPVはなんですか?

HPVは性行為で人から人へ感染するウィルスであり、HPVと関連する癌として知られているのが、女性では子宮頸がん、外陰がん、膣がん、男性では陰茎がん、そのほか男女に共通しているのが中咽頭がんと肛門がんです。

 

2. 癌と関連するHPVの種類はどれくらいあるのですか?

HPVは約200種類の型があると言われていますが、そのうちHPV関連がんの原因となるのはもともと知られていたHPV16型と18型(原因の6割~8割)以外に、31型、33型、45型、52型、58型(合わせて原因の約9割)があります。HPV6型と11型は尖圭コンジローマの原因の9割を占めます。

 

3. HPVは性行為以外で他人にうつることはありますか?
(日常生活の中で)

基本的には性行為(キスやオーラルセックス含め)で感染します。タオルやお風呂をシェアしたくらいでは感染しませんが、HPVを環境から検出することが難しく(HPV遺伝子検査や培養検査)評価しにくいです。

 

4. HPVのワクチンは何歳までに打てばいいですか?

もともとアメリカでは上記HPV9種をカバーするワクチン、HPV9価ワクチンを9歳から26歳の男女への投与を推奨していましたが、2018年10月にはさらに27歳から45歳の男女に承認しています。打ち始める年齢は9歳からすでに推奨されていますが、45歳まで引き延ばされた理由はやはりワクチンによるHPV関連癌の発病がこの年齢まで抑えられる可能性が高いことが臨床研究により明らかになってきていることだと思います。 実際には、CDCが発表していますが、アメリカでの13歳から19歳の女子の子宮頸がんの発病例が83%も減少し、20歳から24歳でも66%減少したといいます。また、10代-20代の女子の子宮頸がん検診では前癌病変の症例の減少、男女の性器・肛門コンジローマもどの年代でも著しく減少していたと報告されています。

 

5. 日本ではHPV9価ワクチンは打てますか?

日本では残念ながら承認を受けているのは4価のHPVワクチンだけなので、海外から個人輸入しか手に入らないです。日本だけが世界基準からかけ離れているのが現状です。9割近いカバー率を誇るHPV9価ワクチンは日本では3回打つのに10万円ほどかかりますが、将来の安心を買うのには安く感じるのかもしれません。 パーソナルヘルスクリニックではできるだけ多くの方たちにワクチン接種していただけるようHPV9価ワクチンをご用意させていただいております。

HPVワクチンについて

Click here for an appointment FIND YOUR DOCTOR
Click here for an appointment FIND YOUR DOCTOR