JR御徒町駅3分 JR上野駅8分

〒113-0034
東京都文京区湯島3-39-3上野不二ビル6F

tel:03-5817-441503-5817-4415

営業時間
午後 14:30~18:00 - 午後12:00~15:00 -
夜間 18:00~20:30 - 夜間16:00~20:00 -

※ 水・日・祝日は定休日となります。

ブログ

ブログ

性感染症の治療後の検査はなぜ必要?(治癒確認検査)

当院では性感染症の治療をした後に、きちんと治ったかどうか確認のための検査(治癒確認検査)をするように患者様にオススメすることがあります。

「症状がなくなったのだから、改めて検査をする必要はないのでは?」

と、治癒確認検査を受けられない方もいらっしゃいますが、症状がなくなっても必ず受けていただきたいものなのです。

今回はその理由をご説明いたします。

 

<目次>

  1. 1.薬を服用しても完治しないことがある
  2. 2.治癒確認検査をしないとどんなリスクが?
  3. 3.治癒確認検査を受けるべき時期は?
  4. 4.郵送検査のすすめ
  5. 5.最後に

 

1.性感染症は薬を服用しても完治しないことがある

例えば、クラミジアや淋菌は、お薬を適切に服用したとしても、「耐性菌」と呼ばれるお薬が効かない菌の場合などがあるため、完治しないことがあります。

一般に、1割~2割ぐらいの割合で、治療失敗、治療不十分となることがありますので、しっかりと治癒確認検査を行うことが必要です。

また、そもそもクラミジアなどは症状が出にくい病気であるため、症状の有無で治癒したかどうかを判断するのは危険だと言えます。

 

2.治癒確認検査をしないとどんなリスクが?

症状がなくなったからといって検査をしないでいると、まだ体内に菌が残っている場合、それに気づくことができません。

そのまま放置すると、また症状が再発したり、パートナーに感染させてしまう危険があります。

また、長期間放置すると、不妊などの原因になることもあります。

 

3.治癒確認検査を受けるべき時期は?

治療後、あまり早い時期に検査を受けると正確な検査結果が得られないことがありますので、一定の期間が経過してから検査を受ける必要があります。

クラミジア、淋病:治療から2週間経過後

梅毒:治療から1か月後

 

4.郵送検査のすすめ

検査を受けるためだけに来院するのが面倒な場合は、郵送検査で確認するという方法もあります。

来院するのと同じ精度、料金(送料のみ別途かかります)で自宅でお手軽に検査できますので、ぜひご利用ください。

👉郵送検査の詳細・お申込みはこちら

 

5.最後に

残念ながら、当院を受診される患者様にも、治癒確認検査にいらっしゃらない方がかなりいらっしゃいます。

完治しないまま放置すると、再発したり、不妊などの原因になることもありますので、必ず治癒確認検査を受けることをオススメいたします。

  

Click here for an appointment FIND YOUR DOCTOR