JR御徒町駅3分 JR上野駅8分

〒113-0034
東京都文京区湯島3-39-3上野不二ビル6F

tel:03-5817-441503-5817-4415

営業時間
午後 14:30~18:00 - 午後12:00~15:00 -
夜間 18:00~20:30 - 夜間16:00~20:00 -

※ 水・日・祝日は定休日となります。

ブログ

ブログ

野生の王国・ケニアへようこそ!

院長・塩尻大輔の故郷、東アフリカのケニアでは、今でも院長の両親が運営するNPO法人ACEF(Africa Children Education Fund)がボランティア活動を続けています。

医療・教育などの分野を中心に、環境保全、商品開発に至るまで、さまざまな取り組みを続け、今年はなんと!活動開始30年目という節目となりました。

NPOの活動にご賛同くださいました複数の団体様から、この度は車の寄贈をして頂き、大変感謝しております。この場を借りて、深く御礼申し上げます。

ケニアの道路は日本と比べて舗装されていませんので、さまざまな活動の足となる丈夫な車をいただけたことは、より一層充実した活動の助けとなることでしょう。

ここPHCも微力ながら支援いたしました。

写真は、雄大なキリマンジャロ山を背景に。

キリマンジャロ…..富士山のてっぺんを切り取ったみたいな形ですね。

院長いわく、クレーターの部分が富士山より大きいのだとか。

 

さて、堅い話はこのくらいにして、今回はケニアの魅力をお伝えしたいと思います。

ケニアはライオン、キリン、チーターなどの野生動物の宝庫!

野生動物に会える国立公園がいくつかあるのですが、今回はPHCで働いていた看護師・Kちゃんが”サンブル国立保護区”に医療ボランティアに行ってくれました。

サンブルは首都ナイロビから車で六時間ほどの、いなか町です。

医師も医療施設もない、無医村地域ですので、今回は診察をしたり、お薬を届けたりしたようです。

街の人にとっては少ないチャンスですので、ここぞとばかりに体の不調を相談したり、お薬をもらったり。

現役医師、現役看護師、医学生、看護学生で診察にあたります。

すごい行列ですね!

 

 

 

行き帰りの道中では、さすが国立保護区、ゾウ!キリンの群!…..ラ、ラクダ……!?

近すぎて、動物の歩く地鳴り、息遣いすら聞こえてきます!

広大な自然の中で、のびのびと生きる野生動物との出会いを楽しむこともできました。

 

国際連携室 看護師

Click here for an appointment FIND YOUR DOCTOR
Click here for an appointment FIND YOUR DOCTOR